レビュー

【ネタバレあり感想】私が辿り着いたエンディング【デトロイト: Become Human】

この記事は、2018年5月25日に発売された『Detroit: Become Human』のネタバレありのクリア後の感想になります。

私が辿り着いたエンディング

コナー
  • 変異体になる
  • 演説中のマーカスを撃たない
  • ハンクと抱き合って終わり
カーラ
  • ジェリコで捕まる
  • ルーサーを囮に逃げ出す
  • 廃棄場でアリスと抱き合って終わり
マーカス
  • 平和的デモ
  • 追い詰められノースとキスして終わり

みなさんはどうでしたか?私は上の通りです。

コナーとマーカスはほぼ完ぺきだったんですけど(サイモンがいない)カーラに関しては心残りがありますね。国境越えれずルーサーも死亡という……。ジェリコで捕まってしまったのがアカンかったです。クリア後やり直してみたんですが、まさか死んだふりで見逃してくれるとは思わなかったです。

他のエンディングとかルートはあまり見れてないので、面白いものがあったら教えてほしいです。

ハンクは良いキャラ

生真面目アンドロイドのコナーとだらしないハンク。対照的なこの2人のパート結構好きでした。

コナーパートで言いたいのはとにかくハンクが良いキャラしてたということ。

ただ、分岐が多すぎるせいかルートによっては主義主張がブレてるように見えてしまうのが残念です。

捜査を外されてキレたあとに、アンドロイドの味方をするとか……。(コナーが機械のままで屋上で狙撃するとこ)

変異体になったコナーの味方をするルートはかっこいいんですけどね。

アリスがアンドロイドだったなんて

私は気づきませんでした。

最初のアリスの部屋のシーンを見直したら、結構ヒントありましたね。

あと「アンドロイドが人間の子供を助ける」という物語を楽しんでいたので、「アンドロイドとアンドロイド」になった時点で物語に対する興味がだいぶ冷めてしまいました。

これに関しては、主人公に感情移入できてなかったことも原因な気がします。選択するだけ選択して、あとは傍観者スタイルだったので……。もっとのめり込んでプレイしていれば、上の画像の問いかけにももっと素直に反応で来た気がします。

変異体が人間的すぎる?

プレイしている時は、変異体が人間的すぎてつまらないなと思いました。人間VS人間にしか見えなくてなんだか盛り上がらないということです。血の色はちがうけど、見た目も言動も行動もほぼ人間なので、人間と対峙してもあまりインパクトを感じませんでした。

しかし、この記事を書いてるときに「限りなく人間に近いロボットが出来たらどう感じるか」ということなのかなと今更思いました。

エンタメ的思考しか働いてないですね……。

締めのムービーが欲しい

抱き合う→スタッフロールは悲しい

どのエンディングも「選択した結果」を見せているだけな気がして、物語の終わり方としては淡泊すぎると感じました。

エンディングの数が多いからこうなっているのだと思いますが、最後に全エンディング共通でゲーム全体をまとめる締めの言葉入りムービーとかを流してほしかったです。

最後に「これで終わり?」ってなるほど悲しいことは無いです。

ゲームとして面白かった

テクノロジーが人間を脅かすだとか、人間とはなにかとか、ゲームの途中でいろんな問題提起もされてるんですが、そこまで強いメッセージは感じ取れませんでした。(プレイする側の姿勢も関係すると思いますが……)

「とにかく分岐が多くて面白いアドベンチャーゲーム」というのが率直な感想です。

選択肢に悩んで、必死にQTEやって、ムービーに魅せられてって感じで純粋に楽しめました。

魅力のあるゲームだったと思います。クアンティックドリームの次回作も期待してます。

ゲーム公式サイト

©2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.



期待の新作!

他の記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です