レビュー

【評価・感想】リアルな表情と大量の分岐とQTE【デトロイト: Become Human】

『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』や『BEYOND: Two Souls』を作ったクアンティックドリームの新作アドベンチャーゲームです。

1周クリアしましたが、全体的にクオリティが高くなかなか面白かったです。

以下、詳しく述べていきます。

『デトロイト』概要

発売日2018年5月25日
ジャンルアドベンチャー
ハードPS4
PC
CEROD(17歳以上対象)
クリア時間10時間

ストーリーあらすじ

舞台は2038年のデトロイト。そこでは、人工知能を持つ高性能アンドロイドが人々の生活の支えとなっていました。

しかし、ある時から意志や感情を持つ「変異体」と呼ばれるアンドロイドが現れ始め、人間に危害を加える事件が後を絶たなくなります。

主人公の一人「コナー」

プレイヤーは、とある親子に買われたアンドロイド「カーラ」

画家の老人を介護するアンドロイド「マーカス」

変異体が起こす事件を捜査するアンドロイド「コナー」の3体を操作し、人間とアンドロイドの行く末を見守ることになります。

豊富な選択肢

このゲームでは、ストーリー進行中に主人公の発言や行動を決める選択肢が表示されます。

この選択によってストーリーが分岐していきます。

本当に多くの場面で、様々な選択を迫られます。

ただ、選択肢にはキャラクターのセリフがそのまま表示されるわけではありません。「現実的に」とか一部分かりにくいものもあります。そのため、自分の想像とは違った選択肢を選んでしまうこともありました。

選ぶ際に制限時間を設けているものもあるため短くまとめる必要があるのは分かるのですが、もう少し分かりやすく表現してほしかったです。

没入感高めるQTE

ムービー中に表示されるボタンを押す、いわゆるQTEもこのゲームの特徴のひとつです。QTEの結果によってもストーリーが分岐します。

選択肢同様、QTEを行う場面も非常に多いです。「さすがに長すぎる」とか「ここまで押させるのか」と思うところも少しありましたが、

ムービーの出来が非常に良くて、キャラクターの動きに合わせてコマンドが表示されるので没入感があって面白かったです。

自由に探索

キャラクターを自由に操作してイベントを進める場面もあります。

読み物や、調べるとその後の選択肢が増える物など、ストーリー進行のために必須ではない要素も多数存在します。

周囲の調べられる場所が分かるシステムがあるので、ストレス無く遊べました。

他の人と比較できる

ストーリーはいくつかのチャプターで区切られています。

チャプターの最後にはフローチャートが表示され、自分の進んだルートが表示されます。また、他のプレイヤーが選んだ選択肢のパーセンテージを見ることもできます。

他の人の選択と比べられるのも、このゲームの面白いところだと思います。

大量の分岐

上の画像で分かる通り、このゲームは分岐点が大量に用意されています。全く同じルートを辿るプレイヤーはいないのではないかと思うくらいあります。

キャッチコピーの通りまさに「あなたの物語」になっていると思います。

進んだルートによって感想が変わる

分岐が多いため、通ったルート、たどり着いたエンディングによって感想は少々変わると思います。一応、私が一周した感想をざっくり述べておきます。

ストーリーはものすごく分かりやすくて面白かったです。用語が大量にあったり、話がごちゃごちゃしているとかは全くないです。しかし、分かりやすすぎて逆に物足りなさも感じました。

あと、分岐が多いせいか開発側の強いメッセージみたいなものは感じませんでした。

映画やドラマに劣らない映像

映像の出来はとても素晴らしいです。

まず、グラフィックがものすごくリアルです。特に顔のリアルさが半端ないです。

それと、ムービーもしっかり作られていて見ごたえがあります。ほとんど映画やドラマと変わらないです。

周回プレイはややめんどくさい

チャプターの始めや途中のチェックポイントからやり直すことができます。

しかし、チェックポイントが少なかったり、ムービーやセリフを飛ばせないことから、やり直す際は何回も同じシーンを見ることになります。

分岐が多いゲームなのでここら辺はもう少し頑張ってほしかったです。

まとめ

おすすめ度81/100
  • 豊富な選択肢
  • 没入感高めるQTE
  • 充実した探索パート
  • 分かりやすいフローチャート
  • 他の人の選択が見られる
  • 分岐が大量
  • 分かりやすいストーリー
  • 映像のクオリティが高い
  • 分かりにくい選択肢がある
  • QTEが長すぎるところもある
  • メッセージ性は弱い気がする
  • 周回プレイ用のシステムが不便

クオリティの高いアドベンチャーゲームです。

画面に表示されるボタンを押すという簡単操作で遊べるので、幅広い層の人たちにおすすめしたいです。

ゲーム公式サイト

©2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です