家:アクション

【評価・感想】やりたい放題のバトルと直球のストーリー【キングダムハーツ3/KH3】

ディズニー×スクエニのアクションゲームです。

これまでの作品と比べると格段にクオリティが上がってますし、つまらないということは無かったですが、何だか素直に面白かったと言えない感じがあります。

主にストーリー構成のせいな気がします。

以下、もう少し詳しく述べていきます。

『キングダムハーツ3』概要

スクウェア・エニックス
¥2,500
(2019/05/25 22:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

発売日 2019年1月25日
ジャンル アクションRPG
対応機種 PS4,Xbox One
CERO A(全年齢対象)
公式サイト https://www.jp.square-enix.com/kingdom/kh3/index.html

クリア時間

難易度スタンダード(3段階中2番目)であまり寄り道せずにプレイして、クリア時間25時間でした。

評価・感想:ゲーム

やりたい放題のバトル

今作のバトルシステムを一言で表すと、やりたい放題です。

まず、攻撃方法がたくさんあります。まほう、アトラクションフロー、フォームチェンジ、連携アクション、リンク、フリーフローアタック、シュートフローなど、これまでのシリーズで登場したものを詰め込みまくってます。演出が派手なので、見た目的にも面白いです。

そしてどれも発動条件が厳しくないので、まほう→アトラクションフロー→連携アクション→まほう→アトラクションフロー……みたいな感じでハチャメチャできます。さらに、攻撃範囲が広い技が多く、敵を一掃できるので爽快感もあります。

こんな感じで、お祭り騒ぎのやりたい放題バトルが楽しめます。

ワールドオリジナルの要素

パイレーツオブカリビアンのワールドでは海戦があったり、トイストーリーのワールドではオモチャのロボットに乗って戦うなど、ワールドオリジナルの要素があったりします。

若干物足りないと思うものもありましたが、ゲームプレイのアクセントとしてうまく機能していると思いました。

シューティングも面白いけど

今作もワールド間の移動の際はシューティングゲームをやることになります。私はシューティングに全く馴染みの無い人間なのですが、操作感が良くて普通に楽しめました。そして、今作はこのシューティング要素も結構ボリュームがあります。全部やり込もうとすると、そこそこ時間がかかると思います。

シューティング要素自体に不満は無いのですが、私は一つ疑問があります。このゲームが好きな人は、シューティング要素を求めているのかどうかということです。実際、今作でシューティングを強制的にやらされる場面はほんの数回です。それに、シューティングをプレイしている時はディズニー要素もスクエニ要素もあんまり感じられませんし……。

個人的にはシューティングに割いてるリソースをメインのゲームシステムに充てた方がいいのではないかと思います。

評価・感想:ストーリー

短くて直球

シリーズ通して広げまくった話を、今作で一気に畳んだ訳ですが(全部ではない)、その決着はどれもひねり無しのド直球でした。

とりあえず直球なのは良いとして、せめてもう少し尺を取れなかったのかな?とは思いました。アクアとかロクサスとかゼアノートとかのストーリーにかかったプレイ時間は5時間くらいしかありませんでした。

短い+直球であっさりというかあっけなかったです。

ついていけない

相変わらず、設定やストーリーについていけないです。光とか闇とか心とかノーバディとか……。「こんな設定あったっけ?」「この表現の仕方で合ってるの?」とミーハーな私はそんなことをしばしばつぶやきながらプレイしてました。

ディズニーワールドはほぼ関係ない

今作も様々なディズニー作品のワールドが登場する訳ですが、ディズニーワールドでのストーリーは本筋とはほぼ関係ありません。失った力を取り戻すという理由で旅するだけで、はっきり言って必要ないレベルです。(ディズニーワールドに価値が無いと言っているわけではないです)

これまでにディズニーをあまり絡めずに話を展開してきたせいで、ディズニーワールドが足枷になっている気がします。開発はアクアとかロクサスの話をガッツリ作りたいと思っている気がするんですが、上で述べた通り相当短いです。ゲームプレイの4/5くらいはディズニーワールドが占めてます。これもまたプレイヤーが何を求めているかという話になりますが……今作はディズニーとスクエニのバランスが悪いし、それぞれが孤立している感じがします。

ディズニーワールドをうまく本筋に絡めるとか、思いきってディズニーワールドをすっぱり切るとかしてほしいです。ディズニーワールドが本筋から乖離している状態だとプレイしてて虚しいです。

はしょりすぎ

ディズニーワールドでのストーリーは原作再現もしくは今作オリジナルのものとなっています。

原作再現に関しては、はしょりすぎてディズニーをあまり知らない私には理解しづらかったです。仕方ないっちゃ仕方ないですが、もう少しじっくり見せてほしかったです。

コラボする意味

原作再現にしてもオリジナルストーリーにしても、ディズニー作品にスクエニが首を突っ込むことになるわけですが、もう少し相乗効果的なものを感じたいです。

ソラが視聴者目線で喜んだり笑ったり、悪者倒して「俺たち友達だよな」とか「心は繋がってる」みたいなことを言うだけではちょっと物足りないです。

ディズニーの世界を冒険できる

ディズニーワールドはストーリー上全然重要ではないですが、ディズニーキャラが一緒に戦ってくれることと、ディズニー作品の舞台を冒険できることはやはりファンにとっては嬉しいところだと思います。

過去作と比べて全体的にクオリティがめちゃくちゃ上がっているので、それだけを目当てで買っても損はしないと思います。

評価・感想:その他

グラフィックとムービーは最高

さっきも言った通り、ゲームとしてのクオリティはめちゃくちゃ上がってます。特にグラフィックとムービーの出来は素晴らしいです。これまでがPS2とかDSとかだったからという訳ではないです。最近のゲームと比べても断然良いです。

ディズニー関連のムービーはもうほとんど原作映画と変わらないし、ソラたちの表情とか動きも豊かになってます。ムービーが多い&長いでテンポが悪いことを除けば最高です。

こんなに映像のクオリティが高いのに、ストーリーがいまいちなのがもったいなさすぎます……。

点数とまとめ

点数 78/100

ゲームシステムに関しては、ストレス無くサクサク爽快にプレイできたので満足です。

ストーリーは、ディズニーワールドが置いてけぼりなのと、本筋の話が短すぎるのが個人的に気にくわなかったです。ディズニーファンはある程度満足できる出来だと思いますが、スクエニ側の話に期待してた人はがっかりだと思います。

グラフィックやムービーのクオリティはめちゃくちゃ高いし、ゲームも十分面白いのですが、ストーリーと構成がなんとも言えない感じです……。まだまだシリーズは続くみたいなので、改善して欲しいです。

ショップで探す

スクウェア・エニックス
¥2,500
(2019/05/25 22:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥45,550
(2019/05/25 22:22:41時点 Amazon調べ-詳細)

スクウェア・エニックス
¥5,270
(2019/05/25 23:55:16時点 Amazon調べ-詳細)

スクウェア・エニックス
¥4,950
(2019/05/25 22:22:42時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーム公式サイト

© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

他の記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です