レビュー

【ネタバレあり感想】嘘か真実か【ライフイズストレンジ ビフォアザストーム】

この記事は、2018年6月7日に発売された『ライフイズストレンジビフォアザストーム』のネタバレあり感想になります。

念のため言うと『ライフイズストレンジ』のネタバレもしています。

嘘で幸せ、真実で不幸

今作も、最後に究極の2択を仕掛けてきたわけですが、皆さんはどちらを選びましたか?私は嘘をつきました。

理由は、セラに言われたからです。選択肢出た時10秒くらいしか悩まなかったです。

今ストーリーを見返したりしていろいろ考えてみたんですが、ジェームズをそんなに責める気にもなれないんです。セラの手紙とか小切手のこととか黙ってたし、デイモンをけしかけるとか許されないこともやってますけど、それだけレイチェルを愛してるってことだと思うんです。

セラも更生したって言っても、まだ1年やめただけですからね。1年でもすごいことなんだろうけど、信用するには短すぎる気がします。

とにかく、これはもっと時間をかけて話し合うべきことだと思いました。ジェームズを非難して家庭崩壊させて今すぐセラに会うより、ジェームズを説得してセラに会った方が何百倍も良くないですか?説得できるかどうかはわからないし、ジェームズを許せないっていうなら話は別ですけど。

あとエンディングに関して一つ言いたいのは、どちらを選んでもレイチェルが元気そうにしてるのがなんか違うなってことです。真実を告げるルートは、レイチェルが落ち込んでた方が良いいと思いました。「家庭崩壊してもレイチェルが元気そうならいいや」ってなるのはもったいない気がします。

クロエに生きててほしくなった

本編のエンディングはクロエが死ぬ方が感動できるから好きだったんですけど、ビフォアザストームプレイしたらクロエに死んでほしくなくなりました。

もっと言うとレイチェルも生きててほしかったです。こっちはどうしようもないんですが。

使い走りクロエ

ストーリーは十分面白いと思いますが、最後の方はあまりにもレイチェルの話に寄りすぎてて萎えました。クロエがただの使い走りです。

主人公=プレイヤーだったならまだ許せたかもしれないですが、主人公=クロエですからね。クロエのキャラクターを活かしたストーリー展開であってほしかったです。

その他細かいこと

スプリンクラーのくだり許せません。巻き戻しというギミックが無くなったとはいえあそこまでヒドイものになりますかね……。

あとエリオットが可哀想で仕方ないです。ただの片思い野郎がストーカー野郎になるとは思いませんでした。あのシーンでエリオット来る必要ありますか?ストーリーを盛り上げるためにストーカーにされたのに、そんなに盛り上がってなくて可哀想でした。。

まとめ

最後に大きい選択を持ってくるやり方は本編と同じですが、やっぱり良いですね。純粋にうまいと思いました。

ただ、クロエの使い走りっぷりは許せないです。クロエだからあそこまで頑張ったとも言えますけど……。

あと、「結末は変わらない」って考えると虚しくなります。2人の過去を知っても余計悲しくなるだけという気もしました。

以上、ネタバレあり感想でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ゲーム公式サイト

Life is Strange: Before the Storm © 2017 – 2018 Square Enix Ltd. All Rights Reserved. LIFE IS STRANGE and LIFE IS STRANGE: BEFORE THE STORM are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd. All other trademarks are the property of their respective owners.



期待の新作!

他の記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です