レビュー

【評価・感想】王道じゃなくて手抜き【閃の軌跡4】

※ネタバレなし

閃の軌跡シリーズ最終作です。まさか4作目まで続くとは思いませんでした。

クリアしたので、軽めですが感想を書きました。

『閃の軌跡Ⅳ』概要

発売日2018年9月27日
ジャンルRPG
対応機種PS4
CEROC(15才以上対象)

ざっくり評価・感想&点数

良いところ

  • ボリューム満点(寄り道しまくってクリアまで100時間)
  • 演出スキップなど便利な機能多め
  • ちゃんと完結した
  • 大まかなストーリーは壮大で面白い
  • クラフトの演出がかっこいい

悪いところ

  • キャラが多すぎて装備が面倒
  • ピンチの時に仲間が助けに来るという展開が多すぎる
  • 街並みやフィールドのグラフィックが安っぽい
  • ムービーシーンのクオリティが低い
点数82/100

一番言いたいことは、ボス戦後に仲間が助けに来る展開が多すぎるということです。シリーズ通してこの展開を何回やったんでしょうか……。たぶん散々言われてるからさすがに今作は無くなってると思ったんですが、むしろ増えてました。王道じゃなくて手抜きになってきてます……。

バトルに関しては、特に言うことないです。これまで通り面白いです。

不満もありましたが、なんだかんだ楽しめたゲームでした。ただ、さすがに飽きてきました。ゲームシステムにもグラフィックにも……。閃の軌跡は4作でてますし、1作クリアするのにめちゃくちゃ時間かかりますからね……。

次回作は舞台も登場人物も変わるだろうから、そこらへんは新鮮な気持ちでやれると思いますが、グラフィックとゲームシステムもがらっと変えてもらわないとちょっと辛いかもしれないです。

ゲーム公式サイト

© 2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

他の記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です